TOP > 会社概要 > 企業理念

企業理念

ご挨拶

当社のホームページにアクセスいただき、まことにありがとうございます。
 昨今の企業を取り巻く環境は世界の経済情勢、グローバルな競争、コンプライアンスの遵守、セキュリティの重視、地球環境の保全、CSR等、様々な要因が重なり、企業が抱える課題も複雑化しております。
また課題解決の手段としてのITプラットフォームはオンプレミスからクラウドへと急速に変容しつつあり、スマートフォンやタブレットの利用も増える中、提供するインフラやサービスも加速度的に多様化しています。
 当社は1985年の創業時よりIBMのメインフレームを中核とするシステム基盤構築支援事業を基軸とし、オープン系Unix、Windows、Linuxの基盤構築支援、アプリケーション開発、運用管理支援まで業容を拡大してまいりました。
創業以来、多くのお客様やビジネスパートナーの皆様に支えられながら、着実に成長できました事に心より感謝申し上げます。
今後は更にこれまで蓄積した技術、知見を応用し、新しくお客様のデータセンター、デスクトップ、ネットワーク等のリソースの革新的な効率化、コスト削減、セキュリティの強化、さらにはクラウド・コンピューティング利用促進やIoTへの取り組みなどに努めてまいります。
 私共社員一同は、さらなる高い技術力とコンサルティング能力、様々な分野での最良のサービスを常に心がけ、お客様の問題解決にお役に立つ最良のパートナーとして、お客様の企業価値向上に貢献してまいります。

コンピューターサイエンス株式会社
代表取締役社長 安田 秀敏

経営方針

経営方針は、当社の社是、経営理念を達成するために、実行すべき活動について、中・長期的な経営の方向性を示すものです。

  • 1.お客様指向

    お客様にご満足いただけるサービスをご提供し、お客様から信頼されることが当社存立の基盤です。そのために、当社はサービス品質を重視し、 技術力と提案力の向上に努め、CS経営を推進いたします。

  • 2.人材の育成

    当社にとって最大の経営資産は人材です。高い技術力と問題対応能力・提案力を持つ、活力と意欲に溢れる人材の育成を図ります。
    また、階層別研修により、社会人としてのビジネスマナーや行動基準・情報セキュリティー保護等につき周知徹底を図ります。

  • 3.経営基盤の強化

    経営目標や年度事業計画を達成するため、目標管理および採算管理を徹底します。一方、人材育成、品質向上、情報セキュリティー保護、ソリューションの品揃えと強化のため投資を継続します。経営の効率化に努め、経営体質の強化を図ります。

  • 4.自由闊達な会社

    若い社員が自由闊達に先輩・上司と何についてでも語り合える会社環境の維持・向上に努めます。
    明るい職場には多くの若い優秀な人材が集まります。礼儀正しく、お客様から好感をもっていただける会社実現を目指します。

  • 5.社会への貢献

    活力ある情報サービス企業として、IT情報技術を駆使して社会インフラシステム構築に貢献します。
    また、会社の健全な成長を図り、安定的雇用機会創出と利益確保による納税など、社会への貢献に努力します。