TOP > ソリューションサービス

ソリューション サービス

昨今の企業を取り巻く環境は世界の経済情勢、グローバルな競争、コンプライアンスの遵守、セキュリティの重視、地球環境の保全、CSR等様々な要因が重なり、複雑化しております。
その外部環境の激変を支えるべく、情報システム部門は企業が直面している問題解決を支援し、ビジネス価値を高めるために最善の尽力をされております。
CSCは1985年創立以来、システムのインフラ業務に従事しております。

この間システムはメインフレームからUNIX、更にはWindows及びLinuxへと変遷して来ましたが、弊社はそれぞれの分野で技術を研鑽し、知見を高め、ノウハウを蓄積して参りました。今まで蓄積した技術を応用し、お客様のデータセンター、デスクトップ、ネットワークの革新的なコスト削減、リソースの効率化、セキュリティの強化、更にはCloud Computingの導入のお手伝いをさせて頂きます。

IT部門の抱える課題は沢山ありますが、その中でも次のような課題の解決は大変重要と考えます。



サーバの統合/仮想化

情報システム部門のコストの70%はインフラ及び運用管理で占められているといわれておりますが、このコストの削減は極めて重要です。
その中でも増加一方のサーバの統合と削減は第一に検討する課題です。
ビジネスの拡大や縮小により、システムのリソースの最適化が必要になりますが、サーバ、ストレージ、ネットワークの仮想化によりスピーディーに弾力的に再配置が可能となります。

解決策による効果1

ストレージの共有/仮想化

企業が取り扱うデータは増え続ける一方で、ストレージ環境の増設コストや管理負荷などの問題が顕在化しています。
システム全体を考慮した場合、サーバの仮想化と並んで、ストレージの仮想化の重要性は広く認識される様になりました。二つの重要なコンポーネントの仮想化により、インフラ全体の柔軟性や利用効率、管理容易性を実現出来るようになります。複雑な基盤となるハードウェアシステムからストレージリソースを抽象化し、仮想化環境でストレージ容量を最も効率的に使用することが出来ます。

解決策による効果2

デスクトップの仮想化

クライアントPCに適用される仮想化技術は、アプリケーション仮想化とデスクトップ仮想化に大別されます。
まずアプリケーション仮想化ですが、Windowsアプリケーションのデリバリーには2種類の方式があります。
一つはサーバ側でのアプリケーションの仮想化によるデリバリーです。
この方式はまず、クライアントPCにインストールして使用していたソフトウェアをWindowsサーバにインストールします。ソフトウェアはサーバ上で実行され、バックエンドのサービスとの間でデータの交換を行います。
クライアントPCで入力されたキーボードとマウスの信号が暗号化されWindowsサーバに転送され、サーバ上のソフトウェアを遠隔操作します。
次にクライアント側でのアプリケーションの仮想化です。ストリーミング配信用にパッケージ化されたWindowsアプリケーション群があり、クライアントPCへのストリーミングで配信されたアプリケーションをクライアントPCで実行します。

デスクトップ仮想化は、仮想化技術を用いたサーバ機で仮想マシンを使用することにより同時に多数のクライアントOSを動作させ、各ユーザのクライアント機器から接続してクライアントOSを利用するものです。クライアント機器としては通常のWindows PCのほか、シンクライアント、iPad/iPhoneといったモバイル機器も利用可能です。クライアントOSが動作するのはサーバ上であるためクライアント機器にパフォーマンスは要求されず、たとえばクライアントOSとしてWindows 7を使用する場合においてもクライアント機器としてはそれまでWindows XPを使用していたPCをそのまま使い続ける、といったことも可能です。
仮想化によってクライアントOSが物理的な機器から切り離されるため、物理的な面でのセキュリティが向上し、ネットワークアクセスの効果的な制御が可能となります。またデスクトップを集中管理することによりアプリケーションのバージョンを統一することやソフトウェアのセキュリティ対策を全デスクトップに徹底することが可能となり、管理コストの削減とセキュリティの向上が得られます。

解決策による効果3

マネージド サービス

ネットワーク、セキュリティ、サーバ、ストレージ、データベース等のマネージサービスを提供するとともに、これらの設定、監視、保守、運用サービスを24時間365日体制で行います。
信頼性及び安全性の高いデータセンターでお客様のサーバやネットワーク機器を設置するラック、電源、空調を提供するコロケーションサービスも提供しております。

解決策による効果4

ネットワークサービス

グローバル接続サービスはまず、信頼性、安全性の高い国際専用サービス、これは高速大容量データ通信を実現するサービスで、専用の帯域を各回線に割り当てるため、お客様のオフィスからご希望の接続先まで他のユーザのトラフィックの影響を受けない、安定した通信と機密性の高いネットワークを実現します。ネットワークは最新の技術、SONETやWDMリングで二重化されており業界トップの信頼性を誇っています。1.5Mbpsから10Gbpsまでの高速デジタル専用線及び10Base-Tから10GBase-LRまでのイーサネット専用線など、お客様のご要望にあった最適のサービスを提供します。更にSLAの保障や24時間365日のサービスデスク体制でサービスを監視いたします。
国内的には高速デジタル/イーサーネット/ファイバーチャネル専用サービス。EoMPLS (Ethernet Over Multi Protocol Label Switching)技術を採用し、ポイントツーポイント、ポイント ツーマルチポイント型のサービスでミッションクリティカルなデータ通信に最適です。広域イーサネットサービスは多拠点間を高速イーサネットで接続し、低コストで高信頼性のネットワークを実現します。特に今後データとVoIPの混合トラフィックを効率的に処理するQoS機能を備え、拡張性の高いサービスです。
高品質でパフォーマンスの高い音声サービスを提供しております、特に競争力の高い料金体系はお客様にとり魅力的と自負しています。

解決策による効果5

クラウド コンピューティング

インターネットを介して、サーバやストレージなどのコンピュターリソースを必要なときに必要だけ利用できるクラウド・コンピューティングへの関心が高まっており、新聞紙上や雑誌で毎日のように報道されております。
変化の激しい現在のビジネス環境では、ITの投資を抑え、ビジネスのニーズに対して柔軟に対応することが求められております。
ITの拡張性、柔軟性、可用性はビジネスを支えるうえで益々重要になってきており、企業が経営資源をコア領域に集中するためにも、今後クラウド・コンピューティングの活用は広がっていくと思います。
私どもは金融業界などを中心としたミッション・クリティカルなニーズに対応できる堅牢で信頼性の高いクラウドサービスと、コスト的にはより廉価でお客様のサービス要件に合わせることが出来る柔軟性に富んだクラウドサービスを提供することが出来ます。
私どものクラウド・コンピューティング・サービスは基本的にはIaaS (Infrastructure as a Service)で、サーバ、ストレージ、ネットワーク、これらを一元的に管理するオペレーション・サポート・システムから構成されております。
お客様は完全に運用や管理の負担から開放され、様々なメリットを享受することが出来ます。

解決策による効果6

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

CSCは1985年創業からのシステム構築、運用管理支援の経験、知識をベースにして、その延長として新しいビジネスの分野の展開を始めました。システム構築や運用管理の技術的内容はこのチャートにある通りですが、これらは仮想化環境を構築する上でもまた仮想化したシステムの運用管理の上でも大いに関連するものです。
CSCのSEはこれらの技術的なバックグランドを活用することによりお客様の満足を得られるものと確信いたします。



新たに展開いたしました分野におけるサービスメニューは下図の通りですが、今後の事業展開により更に充実して参りたいと思っております。勿論お客様の新しいニーズに対してタイムリーに対応していくのが弊社の役割と認識しております。
これらのサービスは、お客様のシステム環境によりそれぞれ適合したメニューの組み合わせにより見積もりを行い、提供させていただきたいと考えておりま す。

新しくページが開きます。開かない場合はこちらをクリックしてください。