CROSS TALKクロストーク

TSUBASA MIYAMOTO

2016年 新卒

関西支店
システムエンジニア

KENTO UEDA

2016年 キャリア

開発グループ
システムエンジニア

同じシステムエンジニアとして、2016年に入社した上田さんと宮本さん。
上田さんは中途入社で、前職の経験を活かし、新たな分野にチャレンジしています。
また宮本さんは新卒でゼロからスタートし、さらなる高みを目指し、勉強を続けています。

現在の仕事内容を教えてください。

宮本宮本

私は関西支店で、物流系のシステムを開発しています。具体的には、運賃の計算や荷物の出荷関係などのシステムを作っています。

上田上田

私はホテルのフロントで実際に使われているソフトの導入を担当しています。お客様先に行って、システムの使い方を説明したり、新しい機能の開発を進めたりしています。

2人ともシステムエンジニアですが、
仕事の内容は違いますか?

上田上田

エンジニアと言うと、開発の仕事もありますが、そこから運用まで幅広くあって、宮本さんは開発、僕はお客様先に行って、その使い方を説明する運用寄りの仕事です。

CSCに入社した決め手は?

宮本宮本

私は新卒入社しました。実際には採用してもらったというのが一番の理由ですが、最終的には何社か内定いただいて、その中からひとつ選ぶときに感覚的にこの会社かなと思いました。説明を聞いて面接していただいたときのフィーリングがよかったのだと感じます。そもそも面接で自分のプレゼンをする会社はほかになかったので、印象に残りました。プレゼンのテーマは、失敗から学んだことで、私が発表したことに対して質疑応答があって、きちんと聞いてくれているのがわかりました。

上田上田

僕は中途で入社しましたが、一社目は宮本さんと同じような感覚で選んだ部分もあり、開発をやっていくにつれて、自分で作るものを提案したいという気持ちが強くなってしまって。CSCの面接に来た時に、当時の想いを部長にぶつけたところ、うちであればそういう仕事をできるといってもらいました。笑顔で受入れてくれたのが入社の決め手になったと思います。

運用をやりたいと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

上田上田

開発も楽しかったのですが、実際にお客様が使っているところを見ることができません。運用はお客様先に実際にシステムを提案したり、使い方を教えたりすることによって、よろこんでもらえます。それを見たいがために運用に興味を持ちました。

宮本宮本

私はその逆のパターンで、最初運用をしていたのですが、実際に動いているシステムのことを全く知らなくて、ソースを見ても何も分からなかったので、開発を一からしっかり勉強した方がいいと思い、今、開発で勉強をしているところです。

入社後の3年間でいろんなことを学びましたか?

宮本宮本

最初は正直ゼロからだったので、学ぶことしかありませんでした。その時の自分から比べれば随分変わりました。最初も大変でしたが、今も大変。大変さは変わらないと思います。

上田上田

システムは常に流行を取り入れていく風潮があるので、常に勉強が必要です。私の場合、ネットで情報を見ることで流行を抑えるようにしています。

宮本宮本

私の場合は、何も知識がなかったので、資格を目安にして計画を立てて、勉強をするようにしています。その現場にあった資格取得を目指していけば、最終的には必要な知識は抑えられているだろうなという甘い考えではありますが。

社内の中で情報共有やアドバイスの機会はありますか?

宮本宮本

あります。資格試験の勉強会を開いて、試験のアドバイスをもらっています。

上田上田

新しい技術に関しても、社内勉強会が月に1回程度開かれています。社員同士で情報共有する場もあるので、意外と多いですね。

職場の環境や雰囲気はいかがですか?

上田上田

みんな仲がいいですね。同期だけではなく、先輩後輩を交えたコミュニケーションを取る場を作ってくれて、すごくいい環境だと思います。

宮本宮本

僕もそう思います。関西も同じように和気藹々としています。

休みの日も仕事のことを考えますか?

宮本宮本

私の場合は分からないことが多いので、家に帰っても、システムをどう作ったらうまくいくかなと考えることは多いです。

上田上田

それはすごい! 私はないですね。

宮本宮本

本当にわからないことが多いからですよ。できないから、やらないとやばいと思っています。

上田上田

私は最初の頃からそんな感じでしたが、休みの日にベッドでニュースを見ていて、こういうものがあるんだ、と思うぐらいはします。

メンターメンティー制度が整っているのも大きいですね。

上田上田

私たちは2人とも今はメンターをやっています。

宮本宮本

私も最近メンターになって、今までは全部聞いていればいいという感覚でしたが、今度は聞かれる立場になるので、自分が聞いた時にどういうことを答えてほしかったかは常に考えますよ。

上田上田

えらい!

宮本宮本

これも経験がないから考えなきゃいけないんです。

上田上田

メンターをやっていて、この業界に入ってくる人は生真面目な人が多いので、こういう悩みがあるんだとわかって、自分の成長に繋がっています。

CSCの強みはどこにあると思いますか?

上田上田

強みはいっぱいあって、例えば上司が気にかけてくれて、働きやすい環境を作ってくれること。システムエンジニア業界だとずっとプログラム書いていればいいという人が集ってできている会社も多いので、そういう側面はあまりないなあと思っていて。上司は私の将来のことまで考えてくれるので、すごく助かっています。

宮本宮本

チームを組んでいるので、何も知らない新人でもお客様先に一人で行かされるようなことはありません。新卒でも学生時代から勉強している人はいいのですが、何も知らない人も多いので、いつでも誰がいて教えてくれるのは本当にありがたいですね。

これから目標にしていること、チャレンジしたいことは?

宮本宮本

私は現場のリーダー職を目指しているので、それに必要な知識や実力をつけたいなと思います。それは、早ければ早いほどいいですね。

上田上田

すぐなれますよ! 私もプロジェクトマネージャーになりたいと思っています。今はお客様に依頼されて提案しているのがほとんどなので、新規のお客様にどんどん提案して、プロジェクトをまとめて、成功させるのが一番の目標です。

MESSAGEメッセージ

最後に就職活動をされている学生のみなさんに伝えたいことは?

宮本宮本

学生の間に、嫌だとは思いますが自己分析をしっかりやっておくのはオススメです。私の場合、社会人になって自分だったらこういうところが強みで、こういうところがまだまだ足りないと紙に書いて、そのためにはどうすればいいのか計画を立てて、それを取得するためにはどのぐらい期間がかかるのかを考えていました。自分の強み弱みはなかなか見えないし、自分の嫌な部分と向かい合わないといけないので、本当に嫌な作業でした。

上田上田

確かに宮本さんのいう通り、自己分析はすごく嫌ですよ。でも、これから長い間社会人をやっていくなかで、自分に合った会社を探すためにはすごく大切です。自己分析をしっかりして、自分に合った会社を見つけて、よりよい社会人人生を送ってほしいです。それ以外に私は説明会にとにかくたくさん行きました。結局、説明会の印象で、働きたいか働きたくないかがわかるようになります。

宮本宮本

私も説明会にはかなり行きました。合同説明会のスタッフに、皆勤賞だねと言われたことがあるくらい(笑)。朝から終わりの時間までいろいろなところで、話を聞きました。会社のことはちゃんと調べて、根気強く続けること。そこの努力を惜しんではいけないですね。後で後悔するので。

宮本宮本羽さんの1日のスケジュール
8:15 メールチェック
8:30 スケジュール確認、1日の計画立て
8:45 開発作業
12:00 昼食
17:30 本日作業内容まとめ、翌日の作業内容検討
19:00 帰宅
上田上田健人さんの1日のスケジュール
9:00 メールチェック
9:30 進捗確認、打合せ
10:30 スケジュール作成
11:30 問い合わせ対応
12:00 昼食
13:00 移動
13:30 お客様先で導入テスト
16:00 移動
16:30 帰社後、テスト結果の課題まとめ
18:00 問い合わせ対応、開発作業
20:00 帰宅