「ひとりじゃない」会社です。 難波 悟(なんば さとる)第1システムサービス部 総合キャリア学部 2009年卒

私は、銀行の社内システムの運用・保守をしています。銀行員の方が日々の業務の中で、機密性の高い重要な情報を扱うシステムですから、責任の大きな仕事です。一度完成したシステムでも「ここをもう少し使いやすくしたい」「ここの不具合を直してほしい」など、長く使っていく中で、大小さまざまなメンテナンスが必要になるため、それを着実に対応していくことが重要です。
この仕事で達成感を感じるのは、(不謹慎かもしれませんが)トラブルをクリアした時です。トラブルは、私が対応できる・できないに関わらず向こうからやってきます。それまで対応したことがないトラブルでも、まずは自分で調べ、考え尽くします。どうしても分からなければ、社内の先輩にアドバイスを求め、チームで対応していき無事に乗り越えられた時に、達成感を感じます。
また、こうした経験の数だけ、自分にできることが増えていくことが分かるので、自分自身の成長を実感することができています。

「人」で乗り越えられる

CSCに入社して、「人」って大切だなあ、とつくづく思います。仕事は緊張することもあれば、疲れることもあります。そうした時に、本来仕事とは関係のない「人」にストレスを感じていたとしたら、とても辛い職場だと思うんです。
CSCは、困っている人を積極的に助けてくれる人たちばかりですし、ガミガミ怒る人もいません。もちろん厳しさはありますが、そこにも優しさを感じるような、素敵な人たちばかりです。
そんな人たちに囲まれて仕事をしていると、いつも「ひとりじゃない」と感じることができます。だからこそ、これまで私はどんなトラブルや難題でも、乗り越えることができたのだと思います。

動じないリーダーに

現在の私の目標は「動じないリーダー」になることです。困難な状況にあっても、決して焦らず、愚痴らず、どんと構えて冷静に対処できる人。そのためには、たくさんの業務経験をして、知識やスキルを磨く必要があると思います。口だけで手が動かせない人では、説得力がありませんから。
私の先輩がまさにそうしたリーダーなので、いつか先輩のようになれたらと思います。