コミュニケーションが大切です。寺岡 優(てらおか まさる)第2システムサービス部 法学部 2006年卒

私の仕事はストレージ(企業が持つ様々なデータを格納する倉庫のようなもの)を、お客様のニーズに合わせて提案し、組み立てていくことです。どんなデータを、どんな風に扱いたいのか?によってストレージの機能が変わるため、この仕事は「お客様のことをどれだけ理解できるか」が鍵だと思っています。そのためには、コミュニケーションがとても重要になります。
実際に、お客様が本音を言えるような関係性を築き、会話をしていく中で、お客様自身が気づいていない課題や目的に気づくこともあります。そんな時はこの仕事を一番面白いと感じる瞬間です。個人的には技術より会話の方が好きかも知れないと思うほどです。
私の仕事はストレージを作ることですが、本当の目的は、それを通してお客様に喜んでもらうことです。ですから、何を作るか?ばかりに囚われず、何を実現するか?に向かって、これからもお客様とコミュニケーションをとっていきたいと思います。

チャレンジ

いま私はあることにチャレンジしています。それは、これまでCSCが関わっていない企業に飛び込んで、CSCにできる価値を提供することです。CSCには30年かけて築いた技術力と信頼がありますから、そこを土台にして、新たな分野に可能性を広げよう!と考えているんです。
これは自分で決めて、会社にOKをもらって活動をしているのですが、徐々にメンバーも増え、成果も出てきています。何より新しいノウハウが吸収できることが大きなメリットです。
ITには、クラウドやセキュリティ、ビッグデータ、IoTなど、まだまだできることがたくさんありますから、これからもどんどん積極的にCSCと自分の可能性を広げていこうと思います。

自分の得意をどう活かすか?

CSCで活躍するために必要な能力は、技術力だけではありません。人と会話することが好きだということも、重要かつ立派な能力です。もちろん雑談ばかりでは困りますが、仕事というフィールドでその能力をどんどん磨いていけばいいと思います。ですから、理系文系問わず、自分の得意なことを、仕事にどう活かすか?と自分で考えられる人なら、どんな人でも活躍できるはずです。CSCはそんな社員の個性ややる気を応援してくれる会社です。