貴重な経験をしています。山田 玄理(やまだ げんり)第2システムサービス部(新卒入社)経営情報学部 2014年卒

私は北海道出身です。最先端の技術に触れることができる会社を捜している中で、CSCに出会いました。そこで「BIG より GOOD」という言葉を聞きました。最新の技術に触れられる会社は他にもありますが、会社として利益以上にお客様や社員のGOODを大切にする、というこの言葉が胸に響いて入社を決意しました。
実際に入社して、CSCは本当に「自分を大切にしてくれている」と実感できる会社です。それは、直属の上司だけではなく、先輩社員全員(つまり全社員)が、若手を育てようとしているからだと思います。仕事が大変なとき、どうしても勤務時間が長くなりがちですが、しっかり先輩が見てくれていて、声をかけて気遣ってくれるだけではなく、仕事を調整してくれるなどのサポートをしてくれます。
こうした働きやすい環境があるからこそ、思う存分自分の力を発揮できていると感じています。

メインフレーム

官公庁や銀行など、膨大かつ機密性の高い情報を扱う組織では、メインフレームという大型のコンピューターが使われています。私はこの「メインフレーム」に携わる仕事をしています。
メインフレームは誰もが持つものではないので、(メインフレームはどの企業も導入しているわけではなく)必然的にそのノウハウを持つ人は限られています。そんな中でもCSCは創業以来メインフレームを扱っている、つまり貴重な技術を持っている会社です。
私はこの貴重な技術を扱う、貴重な経験を得て、(この貴重な技術を扱うという経験ができ)とてもラッキーだと思っています。それは、なかなか学べない分野だということと、お客様の事業のコアとなる非常に重要なプロジェクトを経験できるからです。いずれは、「メインフレームなら山田だ」と言ってもらえるように、頑張っていきます。

学生時代と今の違い

私は学生時代からシステムを学んできました。CSCに入社して、学んだ知識が無駄になることはありませんでしたが、やはり学生時代との違いを感じます。その違いを分かりやすく言えば、学生時代は「自分のため」、今は「お客様のため」という感じでしょうか。当たり前のようですが、仕事をしていても「自分のため」つまり自分本位になってしまう可能性はあると思うので、しっかりと「お客様のため」を意識していきたいと思います。